TOP | gaa | bass program
長い人生。今すぐ始めにゃ損をする!? 購入ページへ>>

Groove
Artists
Academy

BASS
GROOVE
PROGRAM

一生モノのグルーヴ感を手に入れよう。

 

■こんなベーシストの方に・・・

・リズム感が弱い気がする
・練習しているのに、現状から抜け出せない
・練習がめんどうだ
・理想と現実のギャップを感じる
・自分の音で聴き手を踊らせたい
・今さら何から手をつけていいかわからない
・思った通りに弾けないetc...

■カリキュラム

【Lesson1】8Beat(解説編)

■8分ウラクリックに慣れよう(講義時間/32分34秒)

・いつものクリックの聴き方を変えよう
・クリックに寄りかかっている状態とは
・拍のオモテとウラを理解しよう
・裏クリックを理解しよう
・リズムの歌い方を覚えよう
・クリックをウラ返す方法をマスターしよう

■クリックをウラ返すエクササイズ(4分06秒)

 

【Lesson2】8Beat(練習編)

■8分ウラクリックでの基礎練習(講義時間/48分23秒)

・クリックをウラがえして8分音符を弾いてみる
・4分音符のテヌートとスタッカート
・8分裏ゴーストノート
・左手での切音
・ゴーストノートで音価をコントロールする
・スケールを変えて4分音符テヌート
・同じことを全て単音でやってみる
・スケールの3度進行でやってみる
・段階的にBPMを上げていく
・リズムパターンを変えてやってみる
・4分音符を入れたリズムパターン
・ゴーストノートを入れたリズムパターン
・奏法を変えてやってみる(ピック弾き)
・奏法を変えてやってみる(サムピング)

■8Beat(練習編)~一緒にやってみましょう~
シュクダイ(講義時間/59分41秒)

・8分裏クリックで4分・8分・16分音符を弾く練習
・ワンポジションでのフィンガリング
・スケール3度進行のフィンガリング
・裏クリックでスケール練習
・8分裏クリックでメジャースケール上昇下降・12フレット往復
・3弦ルートのスケール
・練習のバリエーションを増やす方法
・スケール上昇下降+ウラをミュート
 

【Lesson3】8Beat(実践編)

■「Billie Jean」Michael Jackson(講義時間/42分04秒)

・裏クリックでのフレーズ練習(BPM=116)
・フレーズ解説
・アクセントを意識する
・グルーヴの「単位」とは?
・音価のコントロールとテクニック
・サムミュートでの音価のコントロール
・左手での音価のコントロール
・スタッカートを理解しよう
・サムミュートで弾いてみよう
・2フィンガーで弾いてみよう
・ドラムと一緒にやってみよう

 ■「Bad」Michael Jackson(講義時間/23分42秒)

・フレーズ解説
・スライドでニュアンスを加える
・チョーキングでニュアンスを加える
・裏クリックでフレーズ練習(BPM=114)
・裏クリックをとらえるコツ
・4分音符を弾く時の裏クリック
・フレーズと裏クリックの位置関係を把握する
・ドラムと一緒にやってみよう

 ■「Beat It」Michael Jackson(講義時間/26分19秒)

・フレーズ解説
・休符をゴーストノートに置き換える方法
・フレーズと裏クリックの位置関係を把握する
・テンポを落としてやってみる
・裏クリックでフレーズ練習(BPM=120)
・テンポを落としてやってみる
・裏クリックの位置で音をミュートする
・各拍に分解して必要なアクションを決める
・効果的な運指
・原曲テンポでやってみよう(BPM=140)
・ドラムと一緒にやってみよう
 

【Lesson4】シャッフル(解説編)

■3連符のウラクリックに慣れよう(講義時間/51分25秒)

・3連符の歌い方を知ろう
・まずは3拍子で裏クリックに慣れる
・3連符のウラの取り方をマスターしよう
・徐々にテンポを上げてみる
・再び遅いテンポに戻ってみる
・3連符2ndクリックの取り方をマスターしよう
・3連符の3rdクリックの取り方をマスターしよう
・ウラクリックをキープして2拍4拍でハンドクラップを入れてみる
 

【Lesson5】シャッフル(練習編)

■シャッフル(練習編)3連符ウラクリックでの基礎練習(講義時間/47分02秒)

・3連ウラ・メジャースケール
・3連ウラ・メジャースケール3度進行
・3連ウラ・マイナースケール
・3連ウラ・マイナースケール3度進行
・3連中抜き・メジャースケール
・3連中抜き・メジャースケール3度進行
・3連中抜き・メジャースケール上昇下降
・休符・ゴーストノートを入れた3連符のパターン
・休符をゴーストノートに変える
・8分音符2個分と4分音符の入れ替え
・3連のアタマ抜きパターン
・3連中抜き休符のパターン
・休符の位置での右手ミュートの活用
・3連中抜き・ゴーストノートのパターン
・3連符裏を休符にする
・確実に音を止めるコツ
・左手で切音するタイミングのコツ
・3連アタマ抜き・メジャースケール
・リズムパターンとスケールを変えていく
・テンポを上げていく
 

【Lesson6】シャッフル(実践編)

■「Higher Ground」Stevie Wonder (講義時間/37分51秒)

・中抜きテヌートのグルーヴ
・フレーズ解説
・3連ウラクリックの復習
・3連符2ndクリックの重要性
・1拍単位で分解するメリット
・ニュアンスを加える
・スネアに向かっていく
・裏クリックとのベースラインの関連性
・裏クリックでフレーズ練習
・ドラムと一緒にやってみよう
 

■「Home At Last」Steely Dan(講義時間/36分18秒)

・フレーズ解説
・ポップシャッフルとは
・1音目の音価の重要性
・ベースラインにおける3連符2ndの位置
・休符のあるリズム
・運指解説
・9thの使い方
・レイキング奏法とは
・休符をダンピングで弾く
・テヌートの音価
・3連ウラクリックでやってみる
・4分音符で3連ウラ3rd鳴らし
・3連アタマ抜きのパターン
・拍単位で取り出して練習する
・フレーズから基礎練習に立ち返る方法
・ドラムと一緒にやってみよう
 
 

【Lesson7】16Beat(解説編)

■16分音符のウラクリックに慣れよう(講義時間/56分33秒)

・16分音符の歌い方を覚えよう
・3音目=3rdクリックを理解しよう
・3rdクリックの取り方をマスターしよう
・3rdクリックでリズムを歌ってみよう
・4thクリックの取り方をマスターしよう
・4thクリックでリズムを歌ってみよう
・2ndクリックの取り方をマスターしよう
・2ndクリックでリズムを歌ってみよう
・自分ができるBPMを数値化しよう
・倍テンとハーフテンポの関係性
 

■16分ウラクリックをマスターしよう(講義時間/27分52秒)

・3rdクリック・16Beat(BPM=50~90)
・4thクリック・16Beat(BPM=50~90)
・2ndクリック・16Beat(BPM=50~90)
・16分ウラクリックのコツ


【Lesson8】16Beat(練習編)

■16分ウラクリックでの基礎練習(講義時間/51分03秒)

・3rdクリックでの基礎練習
・4連・メジャースケール・上昇下降・3度進行
・3rdクリックの位置をポケットにする
・4thクリックでの基礎練習
・4thクリックの位置をポケットにする
・2ndクリックでの基礎練習
・2ndクリックの位置をポケットにする
・音の位置を正確に把握しよう
・練習のバリエーションの増やし方
・クリックの音色についての考察
 

■様々なリズムパターンでの16分音符クリックの使い方(講義時間/1時間26分28秒)

・3rdクリックでの基礎練習
・クリックが鳴っている位置へのアプローチの方法
・同じリズムで音価を変えていく
・音価を変えて弾いてみる
・ゴーストノートを入れて弾いてみる
・ダンピングを入れて弾いてみる
・さらに16分音符のフィールを出す方法
・ゴーストノートを増やして弾いてみる
・左手の切音で16分音符のフィールを出す方法
・クリックの位置に休符を当てる
・クリックの位置にゴーストノートを当てる
・クリックの位置にダンピングを当てる
・クリックの位置をスルーする(テヌート)
・音の長さぶんをゴーストノートで埋める
・ダンピングとゴーストノートを混ぜる
・音の長さぶんをゴーストノートで埋める
・クリックの位置をスルーする(テヌート)
・休符・ゴースト・ダンピングを交互に弾いてみる
・アタマ抜きのパターン
・直前ゴーストを入れてクリックを強調する
・クリック直後に音を弾くパターン
・4クリック直後に音を弾くパターン


【Lesson9】16Beat(実践編)

■「LeFreak」CHIC(講義時間/25分15秒)

・フレーズ&運指解説
・3rdクリックで弾いてみよう(BPM=120)
・フレーズとクリックとの位置関係を把握する
・ドラムと一緒にやってみよう
 

■「CosmicGirl」Jamiroquai(講義時間/21分38秒)

・フレーズ&運指解説
・3rdクリックで弾いてみよう(BPM=120)
・フレーズとクリックとの位置関係を把握する
・ドラムと一緒にやってみよう
・ゴーストノートの有無とニュアンス
 

■「ShakeEverythingYou'veGot」Maceo Parker(講義時間/32分12秒)

・フレーズ&運指解説
・3rdクリックで弾いてみよう(BPM=86)
・クリックの位置とフレーズの関連性
・1拍を取り出して練習する
・16beatにおける8分ウラの重要性
・ドラムと一緒にやってみよう
・グルーヴの正体とは
 

【Lesson10】Back Beat(解説編)

(講義時間/51分05秒)

・クリックを2拍4拍で感じよう
・拍の中身をしっかり決めよう
・拍の中身を3連にしてみよう
・拍の中身を16分音符にしてみよう
・スネアに向かって演奏するとは?
・2拍4拍を前に聞こえさせる方法
・2拍4拍を後ろに聞こえさせる方法
・音の位置は相対的に決まる
・クリック2拍4拍の練習(8分音符・3連符・16分音符)
・音の長さを意識する


【Lesson11】Back Beat(練習編)

(講義時間/53分39秒)

・2拍4拍で歌ってみよう
・スネアの位置をコントロールする練習
・良い例と悪い例
・モタった位置と突っ込んだ位置
・ジャストの位置
・2拍4拍でダンピングを入れて弾く
・音を弾かずにスネアを感じさせる方法
・ベースラインの音数とノリの関係
・スネアをポケットに落とす感覚
・スケールを使って一緒にやってみよう
・フィジカル的に限界のBPMまで上げていく
・ダンピングを入れてみよう
・ゴーストノートを使って流れを作る
・指の動きは4倍のBPMに相当する
・親指を置く位置(サムレスト)
・レイキングを意識しよう
・2フィンガーにおける上昇フレーズのコツ
・1フィンガー奏法の可能性
・常にスネアの位置にこだわろう
 

【Lesson12】Back Beat(実践編)

■「Give It Up Or Turn It Loose」James Brown(講義時間/24分47秒)

・フレーズ&運指解説
・スネアに向かうとは
・「2拍グルーヴ」で練習する
・クリックをグルーヴさせてみよう
・ドラムと一緒にやってみよう
 

■「MemphisSoulStew」King Cirtis(講義時間/27分39秒)

・フレーズ&運指解説
・2拍4拍クリックでやってみよう
・スネアに向かう練習方法
・ドラムと一緒にやってみよう
 

■「Isn'tSheLovely」Stevie Wonder(講義時間/43分51秒)

・フレーズ&運指解説
・2拍4拍クリックでやってみよう
・ドラムと一緒にやってみよう
 
 

■バージョンアップ&補足動画

随時アップされるバージョンアップ&補足動画も視聴可能になります。

 
 
 

一生モノのグルーヴ感を手に入れよう。

 

■こんなベーシストの方に・・・

・リズム感が弱い気がする
・練習しているのに、現状から抜け出せない
・練習がめんどうだ
・理想と現実のギャップを感じる
・自分の音で聴き手を踊らせたい
・今さら何から手をつけていいかわからない
・思った通りに弾けないetc...
 

■なぜ一線を超えられないのか?

「ある一線」を超えるには何が必要なのでしょうか?
当たり前と思っていた事を、あらためて理論的に捉えることで、一音の説得力が増します。
伝わる音というのは「感情」だけではなく、「一音一音の理解度」から生まれるからです。
 

■プロがしていて、アマがしてないこと。

音楽の三大要素である、「リズム」、「メロディー」、「ハーモニー」。
三要素それぞれ、アプローチするべき練習方法が異なります。三要素をごっちゃにしたまま闇雲に練習をしても、真の応用力やクリエイティビティは生まれません。

ベースにとってもっとも大切な「リズム」に特化したカリキュラムから学習することで、あらゆる演奏に応用可能なグルーヴ感を獲得できます。
 

■リズム感→ビート感→グルーヴ感へ。

クリックは時計と同じで、全世界共通の「タイム感」です。
世界の人々に伝わるグルーヴを生み出すために、世界共通のタイム感を身に付ける必要があります。
クリックの正しい使い方、効果的な使い方を知ることで、あなたの演奏は世界標準になっていきます。

 
  

■耳を鍛える。

耳の良さは演奏力に直結します。
リズムに対する感覚を体に落とし込むことで、付け焼刃ではない一生モノのタイム感を得ることができます。
無駄を省いた質の高い練習メソッドを知ることが、耳を鍛える近道なのは言うまでもありません。
 

■ベースはグルーヴをリードする。

音楽表現には「総合力」が必要です。
バンドアンサンブルの中で周りをリードしていくために、絶対的な音の位置と、相対的な音の位置を正確に把握しコントロールするトレーニング方法をお伝えします。
 
 

 
 

[レッスン概要]

いつでも一緒に練習できる。
【初級者~上級者まで】

 
めんどうな練習も、
動画を見ながら練習できる。
だから、モチベーションが維持できる。
 
 
・「一緒に練習してみよう動画」がたくさんあります。
 
・「世界共通言語」であるクリックのタイム感を身体に馴染ませて行く方法で、一生モノのリズム感を養うことができます。
 
・直接的かつ音楽的な練習方法を知ることにより、無駄のない効率的な日々の練習方法がわかります。
 
・クリックさえあれば、場所や時間を問わず鍛えることができます。
 
 
***3部構成(各カリキュラム)***
 
・「解説編」:
 リズムの基礎知識・クリックの使い方をレクチャー。
 
・「練習編」:
 すぐに使える基礎練習を紹介。
 
・「実践編」:
 実際の名曲で使われているベースラインを題材にドラムとグルーヴを体感
 
 
***シュクダイ***
 
すべてのレッスンで講師と一緒に練習できる「シュクダイ」動画付き。


 

[レッスン内容]

・収録時間15時間以上、合計26本のレッスン動画
・補足テキスト・譜面
・無制限での動画視聴
・質問メール・サポートSkypeレッスンなどのオプション
 
 

このレッスンを受講すると・・・・

・まずリズムに対する感性が変わります。
 
・プレイに絶対的な安定感を得ることができます。
 
・ベーシストはもちろん、作曲・アレンジにおいても必要不可欠なリズム感が身につきます。
 
・バンド、アンサンブル、楽曲のクオリティを向上させることができます。
 
・日々、自分に必要な練習ポイントが自分でわかるようになります。
 
 

講師:木村隼人

youtubeにアップした日々の練習紹介が、異例の100,000再生超えで、視聴者からのレッスン依頼が殺到。元々マンツーマン・レッスンは行っていたが、キャパシティーオーバーが続いていた。2020年、満を持して動画レッスンをスタート。3つの要素(フィジカル面、リズム感、クリエイティブ)に分けて、ベースにおけるスポーツ科学と言ってよいロジカルさで、最短の向上が得られると高評を得ている。
 
↓今でも毎日たくさんの方々に観られています。

購入後画面:PC (スマホは一段づつ)

 
 

【フルサポート・プログラム】

・動画教材
(収録時間15時間以上、合計26本のレッスンが無制限視聴可能)
 
 ・PDF教材(補足テキスト・譜面)
 
・バージョンアップ&追加教材の試聴
 
・メールで質問>ビデオレターで返答(6回/6ヵ月)
 
・マンツーマンskype レッスン
 
セミナー招待
 
 
128,000円(税込)
 (銀行振込、クレジットカード、各種コンビニ払い) 
 
 
 
 

【ビデオレターサポート・プログラム】

・動画教材
 
(収録時間15時間以上、合計26本のレッスンが無制限視聴可能)
 
 ・PDF教材(補足テキスト・譜面)
 
・バージョンアップ&追加教材の試聴
 
・メールで質問>ビデオレターで返答(3回/3ヵ月)
 
   
39,800円(税込)
 (銀行振込、クレジットカード、各種コンビニ払い) 
 
 
 
 
 

【教材のみ・プログラム】

・動画教材
 
(収録時間15時間以上、合計26本のレッスンが無制限視聴可能)
 
 ・PDF教材(補足テキスト・譜面)
 
・バージョンアップ&追加教材の試聴
 
 
29,800円(税込)
 (銀行振込、クレジットカード、各種コンビニ払い) 
 
 

[受講に必要なもの・再生環境環境]

 
・動画(mp4)再生に必要なデバイス 
(PC・タブレット・スマートフォン)
 
・購入後、動画サイト「Vimeo」にアクセスし、動画を視聴することが可能になります。
https://vimeo.com/
 
 

[よくある質問]

Q:レッスンの受講期間はいつ始まっていつ終わりますか?
A:いつでも好きなタイミングではじめられます。ご自分のペースでレッスンを受講できます。
 
Q:返金保証はありますか?
A:内容にご満足いただけなかった場合、48時間以内にご連絡いただければ全額返金させていただきます。
 
Q:動画はどのくらいの期間視聴することができますか?
A:購入していただいたあとは、無制限でずっとご視聴いただけます。
 
Q:受講にあたり用意するものは?
A:インターネット接続環境ができ、動画再生に必要なお持ちのデバイス(PC・タブレット・スマートフォン)があれば視聴可能です。
 
 
Q:どのように動画にアクセスしますか?
A:当レッスン動画は動画サイト「Vimeo」を使用しています。
Vimeoにアクセス後、ご自分のアカウントを作成いただき、購入後のメールに記載された会員パスワードを入力することで動画を視聴することができます。
 
Q:さらにレッスンの内容について詳しく知りたいのですが問い合わせできますか?
A:お問い合わせは、cafeohouse@gmail.comまでお気軽にご連絡ください。
 

長い人生。今すぐ始めにゃ損をする!? 購入ページへ>>

プログラム

Recording, Mixing & Mastering Program

レコーディング、ミックス&マスタリング プログラム

■カフェオレーベル代表&シュガーフィールズ原朋信のテクニックの全てをゲット出来るプログラム。

ステレオ空間に自由に絵を描くようなミックス。
限られた空間にスポットライトを当て、背景には美しい光彩を与え、奥行きや立体感のあるステージ風景を浮かび上がらせる。
そんなミックス&マスタリングを、あなたも自由自在に出来るテクニックの全てが得られます。

 

 


 

Bass Groove Program

ベース グルーヴ プログラム

■こんなベーシストの方に・・・

・練習しているのに、現状から抜け出せない
・リズムに苦手意識がある
・理想と現実のギャップを感じる
・様々な情報がありすぎて何から手をつけていいかわからない
・自分の音で聴き手を踊らせたい
・思い通りに弾けない
etc...
  
講師:木村隼人(YouTube無料動画はこちら)


 
 
Drums Groove Program

ドラム グルーヴ プログラム

■レジェンドたちのグルーヴを身に付けられるプログラム。

カッコいいドラムループとフィルインを身体に染み込ませ、あなたのドラムアレンジに最強のセンスとグルーヴ感をゲットします。

複雑なバリエーションを一拍づつ丁寧に分解して、すべての手をパズルのような構造として理解し、身体に染み込ませます。
回を追うごとに、それらのすべてのパーツがあなたのセンスとして溶け込み、音楽的でクリエイティブな応用が可能となる実力へと繋がって行きます。
 
本気の方だけ。初心者~上級者まで。
 
講師:大浦ともぞう(YouTube無料動画はこちら)


 
 
Guitar Groove Program

ギター グルーヴ プログラム

■グルーヴ感のあるバッキングもソロも、瞬時に生み出せるプログラム。

同じ演奏でも、プロっぽさが出るのは、基本を知っているかいないかだけ。
基本とは、あらゆる演奏の中で生きてくる、ちょっとしたクセのようなものです。
悪いクセを身に着けてしまっていると、必ずどこかで頭打ちになります。良いクセが身体に染み込んでいれば、可能性が広がり、いろんなことが楽になり、もっと自由になれます。
ソロギターの基礎から、アレンジに生かせる様々なオブリガードやバッキングパターン。一生楽しめるペンタトニックという基礎から自然に身につくグルーヴィーな自由を手に入れられます。

 

本気の方だけ。初心者~上級者まで。
 
講師:白石尚悟(YouTube無料動画はこちら)


 
Keybord Groove Program

キーボード グルーヴ プログラム

■リズム感とアレンジ力を増大できるプログラム。弾き語り。

日本の多くのキーボーディストに足りないのはリズム感です。

 
リズム感という基礎体力をゲットした後は、ピアノアレンジの基本から自在な応用まで、スムーズに学習する事が出来ます。
リズム感無しでは、遠回りになってしまいます。なぜならキーボードアレンジは、バッキングもソロもグルーヴ上にあるものだからです。

 

リズムから始まり、プロフェッショナルな弾き語りバッキング〜グルーヴィーなキーボードアレンジまで。

 

本気の方だけ。初心者~上級者まで。
  
溝呂木奏(YouTube無料動画はこちら)


 
SSW Make Basic Program

弾き語り プログラム

■もっと遠くまで届けるための歌とギター。根本から見直すバッキング、発声、リズム感、コード理論まで。

ギター一本と歌だけで、揺るがない安定感でもっと遠くまで音を届ける。
イイな!と瞬時に感じさせることができるSSWは、音楽の3要素「リズム」「メロディー」「ハーモニー」を、しっかりした土台の上から奏でています。
伝えるための最低限の常識を、身体から作っていきます。フィジカルに身に着けた良い「クセ」は、あなたの表現に最大のアドバンテージを与えてくれます。
 
本気の方だけ。初心者~上級者まで。
  
北川修幹(なおよし)(YouTube無料動画はこちら)


 

SITE MENU

Recording Studio

レコーディング・スタジオ

違いは音創りのセンスです。くるり、スネオヘアーなどをメジャーに送り出した音源にはじまり、ロキノン系など各種コンテスト予選通過音源も、毎年多数生み出しているカフェオレーベルスタジオ。アーティストに最適なサウンドプロデュースが得られます。 貴方の夢の音源を、ストレス無くカタチにすることが出来ます。>>詳細

mastering
Mastering Studio

マスタリング・スタジオ

作品の最終仕上げ。ここですべてが決まります。プラグインだけでマスタリングするような格安のマスタリングサービスや、DTMでマスタリングしたマスターは、音圧は上がっているけど質感がデジタルくさく、厚みや滑らかさに欠けます。その理由は、アナログ機器のクオリティーの差です。>>詳細

neve-kun
Studio Equipments

オリジナル録音機材ショップ

デジタル機器を使ってレコーディングしていると、だんだんと、もっと良い機材が欲しくなってきます。なんで、あんなプロみたいな音にならないんだろう??と感じるようになります。当たり前のことですが、プロにはプロの道具があり、プロの道具を使えば、今まで苦労していたことが、簡単にできたりするのです...>>詳細

Music Creators Academy

音楽創造塾

週に一回、 動画でレッスン。
いつのまにか、あなたが超えられなかった一線を越えられる。
 
ぼーっと毎日過ごしたら、 あっという間に1年ぐらい過ぎます…

 >>詳細

youtube

YouTube Promotion

プロモーション協力

あなたのミュージック・ビデオを宣伝、拡散します。最大10万再生まで可能。音楽ビデオに特化した、YouTube用プロモーションサービスで、今まで業界内でしか活用されていなかったノウハウを、カフェオレーベルがすべてのインディーズミュージシャンに開放致します。>>詳細

compose

Compose & Arrangement

作曲、編曲…お手伝い

完全にメジャークオリティーの曲をゲットできます。オリジナル曲の制作や、アレンジ依頼、作詞、作曲のご依頼も、妥協なきプロクオリティーで、プロフェッショナルなスタジオ・ミュージシャンたちの協力が得られます。思う存分、貴方の夢を実現できます。>>詳細

YoutubeCh

YouTube Channel

YouTube カフェオレーベル・チャンネル

レコーディング・スタジオから放送中。ミュージシャンのためのお役立ち情報満載。アレンジ、ミックス、楽器演奏・・・、様々な音楽メソッドやマニアックなネタを日々更新中。カフェオ動画スクールの内容も時々無料公開。チャンネル登録しないと損をします。詳細>>

Cafe au Label

Cafe au Label

カフェオレーベル

老舗インディーズレーベル・カフェオレーベルの作品をご紹介。CD、配信、ストリーミング、ダウンロード、ミュージックビデオ。決して流行に乗らない、ビジネスよりもアーティスト性、作品性を最優先に生まれた作品群。だから色褪せない音楽の数々。 詳細>>

SNS

SNS

フォローして最新情報をGET

レコーディングスタジオや、録音機材ショップのお得情報。YouTubeのミュージシャンのための最新お役立ち動画の更新情報など、カフェオレーベルの各種最新情報をGET。
Twitter
FaceBook
Youtube

MAP

CONTACT & ACCESS

コンタクト&アクセス

お問合せメール、お電話、地図など。
アクセスは、北千住から1駅。池袋から25分。大手町から21分。新宿から35分。詳細>>