■AMATERAS(アマテラス) 1013

-- Cafe au Label -- All Sound Produced by シュガーフィールズ

1ch.3rd.Stage Mic Preamp & Compressor

■カフェオレーベルスタジオ常設の必需品(月産1台限定)

1台で3台分の質感を自在に扱う

AMATERAS 【1013】は、3台の質感の異なる最高音質マイクプリアンプを、
ひとつのチャンネルでセレクトすることができるマイクプリアンプ&コンプレッサー。

■AMATERAS 1013
1ch.3rd.Stage Mic Preamp & Compressor  

━━━ 3rd.Stage(サードステージ) とは。
プロフェッショナルレコーディングスタジオでは、いくつものメーカーのハイエンドアナログ機材を、各楽器により使い分けてレコーディングしています。
それにより、イコライジングやプラグインだけでは生まれない「音の質感の違い」が演出され、各トラックが独自の存在感を持ち、立体的なミックスを創り出すことが可能になります。
 
しかし、それら高価な機材を多数並べ、録音の度にいちいちパッチング直し、レベルを合わせ、音質を確認し・・・と時間をかけ多くのステップを踏むことは、面倒なことはもちろん、シンガー、プレイヤーのテンションまで落とさせてしまうでしょう。
 
    「それをたったひとつのツマミでセレクトできる!」
AMATERAS1013は、そんなレコーディングスタジオの要望を実現します。
  
━━━「地」、「水」、「炎」、3つの増幅エンジン。
フロントパネルの中央には、「地」「水」「炎」というセレクトスイッチがあります。
このスイッチの選択で、3種類の音質をセレクト可能です。
 
「地」:
しっかりとした芯があり、奥行きと空気感のある重厚な音質のマイクプリ(NEVE的)。
「水」:
ハイファイでブライトで透明度の高い、周波数レンジの広い音質のマイクプリ(SSL的)。
「炎」:
各帯域すべてにおいてメリハリが生まれ、押し出しの強い音質のマイクプリ(API的)。
 

 
これらの音質の変化は、イコライザーやシュミレーター、インピーダンス変化などによる表層的な変化ではありません。
マイクプリアンプの心臓部である増幅回路そのものを、セレクトすることにより生じている変化なのです。
 
つまり、このOS1003には、3種類の異なる増幅回路が内臓されています。
これは、自動車に例えるなら、3つのエンジンを積んでいるということ。
イコライザーなどで音を変化させるのは、表層のボディーカラーやデザインを変えるだけの変化ですが、増幅回路自体を変えるということは、エンジンそのものを変えることになります。
「増幅した音に色を付ける」のではなく、「増幅の仕方そのもの」を変えています。
これが、各トラックに3種類の根本的に異なる質感、存在感を与えます。
3つの増幅回路ともに、最良のパーツを厳選し回路設計を追求し、最高級クラスの品質を提供します。
 
  ━━━クオリティーコンプ。
内蔵コンプレッサーは、アマテラスブランドのオリジナルオプティカルコンプレッサーが搭載されています。
コンプレッサーの効き方は、「心」と「魂」の2種類からセレクトできます。
「心」:
入力信号が大きくなるとコンプの効きが自動で強くなり、がっつりかけても音像が破綻しない独自の設計となっています。
ボーカルやアコースティックギターなどマイク録音時に、心地よい自然なコンプレッション効果があります。
「魂」:
一定レベル以上の信号に一定のコンプレッションを与えます。
ベース、ギターなどのライン録音時に安定したダイナミクスを保持し、独特の「粘り感」を演出できます。
 
 このコンプレッサーに開発者が求めたのは、「歌い、演奏するときの気持ちよさ、楽しさを失わない」ということです。
直感的にすぐに気持ちよく歌い、演奏でき、確実にOKテイクをゲットすることを最大の目的としています。
どんなソースであっても原音の音像を崩さず、音楽的で安定したダイナミズムを維持するために、他に類を見ない回路設計を厳選されたパーツで構成しています。
 
 

 
━━━ボリューム(可変抵抗)を使用していません。
音質を劣化させる要因となる
「ボリューム(可変抵抗)」は一切使用していません。
入力ゲインコントロールは、3段階のロータリースイッチで厳選された固定抵抗を使い回路に直結されています。
  
3段階の設定は、通常のコンデンサマイクの場合、
+15 db:
 ドラム、パーカッション、ギターアンプなど大音量楽器用。
+28db:
 通常のボーカル、アコースティックギターのストローク、
 ヴァイオリンなど用。
+42db
 ウイスパーボイス、アコースティックギターのアルペジオなど用。
に設定され、レベル設定に迷うことなくレコーダーに音を出力します。
 
 音質の良さはもちろん、あえて3段階に絞ることにより、
日にちや時間の異なるレコーディングセッションでも、
音量レベルの変化による微妙な音質の変化が一切生じず
再現性の高いオーバーダビング、パンチインなどが可能となりました。
 
  ━━━究極の100%ハンドワイヤリング。
音質を阻害する要因となるプリント基盤を使用しておりません。

 
写真のように、すべて日本人の熟練の職人の手による一本一本手作業による配線となっております。
また、一台一台、徹底した回路テストを行っています。
これにより、毎月2台のみの限定生産とさせて頂いております。
 
  ━━━最高級インプットトランスフォーマーを使用。
入力段に、弊社LD-2(ニーブくん)で大好評頂いているスウェーデン製の最高級トランスフォーマー
LL1538を搭載しています。

 
  ━━━直感的であること。
 
貴方が1013でレコーディングするときにすることは、
1、入力レベルを3段階から選ぶ。
2、音質を「地」、「水」、「炎」の3つから選ぶ。
3、コンプの「心」「魂」&レシオを選ぶ。
これだけです。
ミュージシャンも、熟練のエンジニアも、即座に最高の条件でレコーディングできることを1013は可能とします。
   
━━━すべてを記録し、作品にする。
自宅録音も、プリプロも、本番レコーディングも関係ない時代。
我々は、今すぐ熱い気持ちを、最高の音で記録する必要があります。
その時のテイクが、ミックスの中で重厚な存在感を持ちながら再び蘇ってくるような音質である必要があります。
サードステージマイクプリアンプ AMATERAS 1013は、既存のハイエンド機材を超える最新の設計哲学から
一切の妥協なく作られたマイクプリアンプです。
 
 AMATERAS 1013 の納期は、ご注文から2ヶ月の予定となっております。

AMATERAS 1013 は、1ヶ月に2台の限定生産となりますので、その月のご注文が2台を超えました場合は、翌月の生産予定となりますことご了承ください。

 



AMATERAS 1013

AMATERAS 1013
1ch.3rd.Stage Mic Preamp & Compressor
■AMATERAS 1013(月産1台限定)

定価 320,000円(税込、全国送料込み)
→銀行振込、代引き、クレジットカード(一括、分割、リボ払い)

カゴヘ
 
■メールでのご注文も可能です。
カフェオレーベルショッピング :shopping@cafeo.com
商品名、数量、ご住所(送付先)、お名前、お電話番号をお伝え下さい。

 

AMATERAS1013 3rd.stage Mic Pre Amp &Compressor 
■1ch、3rd.STAGEマイクプリアンプ&コンプレッサー■サイズ:1U■周波数特性:10Hz~50kHz■入力:1 XLR■出力:1 TRSフォン■48Vファンタム電源■電源:9VAC、AC駆動なので実質18V(アダプター付属)■寸法:483x44x200■質量:3.2kg

ちょっとマニアックな開発秘話:

カフェオレーベル代表の原です。
 
このAMATERASのフラッグシップモデル1013に関して、ちょいとマニアックな話をさせていただきます。
 
私が欲しかったものは、
・最小限のシグナルパスで、
・ハンダ、抵抗、コンデンサなどすべて最良のパーツだけを使い、
・さまざまなオーディオ用オペアンプが使えて、
・しっとりまとわり付くような美味しいオプティカルコンプが付いた、マイクプリアンプでした。
 
リニアテクノロジー、アナログデバイセス、ナショナルセミコンダクター、、テキサスインストゥルメンツ(旧バーブラウン)などなど、下手なディスクリートには負けない音質の超低ノイズ・高精度・広帯域・高速オペアンプなどが多数リリースされている中、それらの性能を最大限生かせる「究極のオペアンプマイクプリ」を作ってみたかった。
 
優秀なオペアンプの特性を最高レベルで発揮するために、最小限のシグナルパスで、余計な回路や粗悪なパーツは一切通さず、定数を精査しながら、各オペアンプにとって最高のパフォーマンスに持っていくという設計方針。
 
パーツマニアとしても優秀な?某大手音響機器メーカーの友人E氏に依頼し、タクマンREX抵抗、日ケミ電解コンデンサ、ケーブルはカナレとモガミとベルデンを場所によって選択、PerkinElmerのフォトカプラに、アルプスのロータリースイッチ、トランジスタは東芝で、ルンダールのインプットトランスを使って・・・、と何度も試行錯誤しながら徹底的にパーツのセレクト&回路設計を行いました。
 
ヴィンテージパーツは、あえて避けました。
個体差も多く、それらの個性に引っ張られたくないし、それもだんだん宗教ががって来るしw。
オーディオ専用と謳われているパーツが必ずしも回路の中で最適だとは限らないし。
 


 

 
オペアンプは、
最終的に以下の3つを使うことに決めました。
「地」は、リニアテクノロジーのLT1128、
「水」は、ナショナルセミコンダクターのLME49710、
「炎」は、テキサスインストゥルメンツ(旧バーブラウン)のOPA627A、
 
各オペアンプの特性を最高度に持って行けるよう、他のパーツとのバランスを徹底的に追い込みました。
 
「地」のLT1128は、私には衝撃的でした。
そこいらのディスクリートなんぞより、格段にタイト&クリア。
しっかりとした芯と奥行きのある空間表現。圧倒的に重厚な存在感があります。
「水」のLME49710は、「綺麗だ」という表現がいちばん近い。
女性ボーカルなどで、極めて澄んだ透明感のあるブライトな音です。
歌いやすさという点では、これがいちばんのお奨めです。
「炎」のOPA627Aは、いわばキングオブオペアンプですね。
ごりっとした低域、前に出てくる中域、痛くならずにメリハリを付けられる高域、
とまさに文句なし。
 
ちなみに、これらのオペアンプ3つとも、「下駄」に載っけています。
やりたい人は(笑)、他のオペアンプに積み替えることも簡単にできますよ。
究極のオペアンプ評価機としても使えます。
1回路の「いわゆる音響用オペアンプ」の多くは作動可能です。
 
ここでは、「いわゆる音響用オペアンプ」を推奨しておりますが、SSLのチャンネルストリップにはNE5532などの安価な汎用オペアンプが大量に使われていたりします。それはそれで、全体としてのバランスなので、いちがいに悪いとは言えないものです。
 
ご希望により、ディクリクートオペアンプを積むことも可能にしています。
別途ご相談ください。
 
オプティカルコンプについては、長くなったのでまたの機会に。
 
いくら良質なパーツを使っても配線や組み立て方次第で音は変わるものです。
ここは、某音響機器メーカーの長老の熟練の匠に、100%ハンドワイヤリングで、ちょっと信じられないくらい丁寧なプロの手仕事をして貰っています。
瞳の綺麗な、謙虚で、口数の少ない「ホンモノの日本の職人!」です。
パネルの文字もあえて小さなシール貼りで、ひとつひとつ手作りであることを感じて頂けます。
大量生産できないので、逆にこういう手間暇のかかる仕事になるのです。
 
 
音のために、一切の妥協はしませんでした。
この快適な使い勝手と音質で、貴方の作品制作の強大な力になると確信しています。
 
 
カフェオレーベル代表:原

AMATERAS1013部品配置図(部分

AMATERAS 0000 

セミオーダーメイド

 

AMATERAS 1013

3rd.Stageマイクプリ&コンプ

 

 定価 ¥320,000

AMATERAS 1011

1ch.マイクプリ&コンプレッサー

 

 定価¥119,800

AMATERAS 0001

ハイエンド・ライントランス

 

 定価¥22,000~
もっと詳しくLinkIcon

AMATERAS 9012M

スタジオモニタースピーカー

 

 定価¥59,000

AMATERAS 5301

サイレント・キャビネット

 

 定価¥98,600

AMATERAS 8087

コンデンサーマイクロフォン

8087ok
 

 商品価格¥39,800

GOODS

-Designed by Cafe au Label-

 

 商品価格¥4,500

CD

カフェオレーベルのCD作品

 

 商品価格¥1,200~

マスタリング

信頼のカフェオ・マスタリング

 

 WEBマスタリング1曲¥4,500~

レコーディング&ミックス

すべてはここから始まった…

 

 レコーディング・スタジオ1時間¥4,500~

YouTube広告

もう一歩踏み出すために…

 

 YouTube動画・2,000回再生以上/9,820円~