カフェオヘッ01.jpgカフェオヘッ01.jpg

HOME > Equipments > 9012M

facebook.jpgtwitter.jpgyoutube.jpg

■AMATERAS 9012M -- Cafe au Label -- All Sound Produced by シュガーフィールズ

Original Full-range Monitor Speaker for Mixing & Mastering

アマテラス.jpg

9012M-Fostex.jpg

New Design 2017


■ミキシング&マスタリングエンジニアのための、点音源モニタースピーカー。

イコライジングが楽。空間配置が楽。
コンプの効き具合を判断するのが楽。
ハイレゾの高解像度を完全に表現します。
おかげさまで大好評です。

カフェオレーベルレコーディングスタジオ
1WAYフルレンジオリジナルモニタースピーカー。
前機種は発売から沢山のご注文を頂きまして、
誠にありがとうございました。
各所バージョンアップを施し、AMATERAS9012M】として、
正式に発売することになりました。

マスタリングまで対応可能。(バージョンアップ:2013.05.25)

・ミックスからマスタリングまでの正確なモニタリングが可能。
・パーソナルスタジオでの適度な音量での作業に最適化。
・小音量でも安定した周波数バランスを維持。
・旧モデル【9012】を超える全帯域での解像度の向上。
・アルミ・マグネシュウム合金のユニットによる周波数粋の拡大(50hz~25khz)。
・フレームが金属から木材特性に近い樹脂となり共振による高域の乱れを排除。
・ハイレゾの高解像の表現こそ、9012Mの独壇場です。

制作者、原にインタビュー

「20万以下では手に入らない解像度」

━━━このスピーカーを制作したいきさつを教えてください。

  • 私が宅録をしてたころ、普通のコンポのスピーカーを使ってて、それで気持ちよくミックス出来たとしても、カーステレオで聴いたらダメダメだったり、ラジカセとか持ってるいろんなスピーカーで聴くとぜんぜんイメージ違ったり。もう部屋と車を行ったり来たりしてすごいめんどくさい(笑)。やはり音の最終出口をクリアにしとかないとダメなんだなと気がつきました。メジャーデビューしてからは、ポニーキャニオンからもらった巨大なモニター(メーカー不明)に始まり、YAMAHA、AUDIX、KRK、BOSE、TANNOY、GENELEC、DYNAUDIO、etc...、と10年くらいの間に次々と渡り歩きました(笑)。もっと良いもの、もっと気持ちよいものがあるはずだと思っちゃうんですよね。
  • で、そんなある日、秋葉原の某スピーカー専門店でとあるスピーカーに感動したんです。それまで聴いてきたどんなモニターより、断然に定位がはっきり見えた。各楽器が手に取るように見える。これはなにごとだ!?と。
  • それが、実は自作スピーカーマニアの間では有名な長岡鉄男のスワンってやつでした。これはそうとうなものだなと。見た目も含めて(笑)。でも、これでミックスしてみたらすごい気持ちいいんじゃないのか!?と直感的に思いました。それから私もスピーカーの研究に目覚めてしまいました(笑)。
  • 9012M-Fostex-03.jpg


━━━スワンは作らなかったのですか?

  • スワンはでかい。でかすぎる。あれはちょっとデスクトップに置けない。ミキサー卓に乗らない(笑)。あくまでニアフィールドモニターと言えるものが欲しかったので。

━━━その音のどういうところが気に入ったのでしょうか?

  • スワンってバックロードホーンという仕組みなのですが、1WAYフルレンジのスピーカーでエンクロージャーで低音を増強しようという構造のスピーカーです。現代の市販のほとんどスピーカーは、マルチウェイという2WAY以上のスピーカー(ツイーター&ウーファー)で、高域と低域を振り分けて再生しています。このクロスオーバーポイントで音像が必ずぼやけるんです。ひとつの音を、2つのスピーカーで同時に出すわけなので、どうしたって時間軸上不自然なズレが生じます。このクロスオーバーの繋ぎが良く出来ているスピーカーもあるにはあるのですが、どれも非常に高い。また、いくら高いからと言って満足できるものはなかなかないです。

━━━それをミキシング用のモニターに応用しようと考えたのは?

  • ボーカル、楽器の存在を表す倍音の美味しいところは、400HZ~6000HZにあります。エンジニアにとって作業の中心となる帯域です。この重要な帯域をクロスオーバーで台無しに分断しない。最短最良の回路で1WAYフルレンジのスピーカーに受け持たせてやる。そうしたらミックスは格段に見えやすくなるはず、と考えました。


9012M-モニタースピーカー2.gif

  • 9012M-Fostex-04.jpg

━━━なぜフルレンジのスピーカーは現在少ないのでしょうか?

  • 2WAY、3WAYと、ユニットがたくさん見えるマルチウェイの方が、見た目が派手だから売りやすいとか(笑)。周波数特性のスペック部分だけで判断されてるってのもあるでしょう。マルチウェイならいくらでも周波数レンジは伸ばせますし。1WAYフルレンジの弱点はまさにそこで、スピーカー1個なので周波数レンジが狭くならさるを得なかった訳です。しかし、それを一般のマルチウェイに負けない帯域まで伸ばせるように研究しました。え?これ10cm一発?とスタジオのお客さん皆さんが驚いてくれます。低音出すために必要なのは、ユニットの大きさじゃなくてユニットがどれだけ柔軟に前後動できるかです。 10cmの極めて薄いコーンを強力なマグネットで駆動させて鳴らすことで強力な低音を生み出しています。それも、マルチウェイのウーファーとは次元の違うハイスピードでクリアな低音です。

━━━このスピーカーの魅力を教えてください。

  • 点音源と言える解像度です。そこにプレイヤーが存在する感じ。空間配置のしやすさ。マイクと楽器の距離感。リバーブ、部屋鳴りの見え方。パンを動かすと見えるように動きます。このプレイヤーをこの位置にこれくらいの距離で置いて・・・、みたいなことが思ったままにノンストレスでできます。イコライジングもつまみを動かす手ごたえのとおりに音が変化するのがわかります。機種によるイコライザー自体のクセも判断可能です。EQポイントが判断しやすいので、オーバーイコライジングの心配がなくなります。
  • そして何より、ベースラインが聴きやすいことです。ミックスやマスタリング時には、どれだけベースを土台として聴けるかに掛かっています。ベースラインがこれだけクリアに聴こえるということは、 その上に多くの楽器をどう配置すればよいのか明瞭に判断できます。

━━━企業秘密があるとのこですが?

  • 各パーツの最高のコラボレーションに辿り着くのに、試行錯誤を重ねています。バスレフエンクロージャーのサイズ、ユニット、グリル、内部吸音材など、さまざまな組み合わせを試しまた。そこには充分に時間とお金をかけたつもりです。

━━━リスニング用としては?

  • ピュアオーディオのあまりにも深遠で多種多様で百花繚乱百鬼夜行でちょっとオカルトな価値感(笑)にはあまり近寄らないようにしています(笑)。あくまでエンジニアにとって役に立つものであればと考えています。でも、いわゆるモニター向けのつまらない音では無いです。位相空間がクリアになればなるほど、音は生き生きと聴こえてきます。こんな音が入ってたのかーとか、こんなエフェクトかかってたのかーとか、今まで聴こえなかった音が聴こえて来ます。音楽を聴くということは、こんなに楽しかったのか~!?と感じることが出来ると思います。ハイレゾの時代に突入して、16bitでは不可能だった位相の正確さがデジタルでも表現できるようなりました。9012Mこそハイレゾの解像度を活かしきれるスピーカーです。

━━━これを発売することに関して。

  • 20万以下の価格帯でこの解像度は他にはないと思います。
  • もちろんエンジニアリングのしやすさという点でも、自信があります。
  •    ・・・カフェオのCDもこれで聴いて欲しいですね。
  •    常にこれで作ってますので。
  •    リスナーの方にもオススメします。
  •    どちらかというと、CDをがんがん
  •    買って欲しいです(笑)。



9012M--02.jpg
■3ヶ月以内返品可能です。
ご使用になられてイメージを違ったという方は、
ご連絡ください。
ご購入から3ヶ月以内でしたら
返品可能とさせていただいております。
(ご返品時の送料のみ、ご負担下さい)。

AMATERAS 9012の納期は、
通常ご注文から1週間前後の予定です。

予告無く、デザイン、仕様、価格
変更がある場合がございます。


■安心の5年保証。
ご購入から5年間の保証書が付きます。
故意の破損などでない限り、
いつもで修理させていただいております。
(パワーアンプセットのアンプは、販売店によるメーカー保証1年になります)



















実は・・、エアンプも可能です。
SUSANOO 5051でご好評頂いておりますエアンプですが、このAMATERAS9012Mは、同じ使い方が可能です。
つまり、エアンプとしても機能できます。
5051よりもバスレフポートから多めにローが出ますので、マイクのセッティングは、ポートに向けずユニットに近めでマイク録音しますと、ほぼ同じようにご使用になれます。
お試し下さい。

アマテラス.jpgAMATERAS 9012M/Studio Monitor Speaker

ミキシングス、マスタリングスタジオの現場から誕生した「1WAYフルレンジ」のモニタースピーカー。多くの2WAYモニター(ツイーター&ウーファーがある市販のほんどのモニター)では必ず生じているクロスオーバー帯域の時間軸上の音像ぼやけを、完全に解消します。その圧倒的な解像度を、全周波数レンジで実現。1WAYフルレンジとは思えない豊かで濃密な低音再生能力。空気の音像が見えるような澄み切った高域。歪みのない透明な位相空間が目の前に広がります。その中で、手に取るようにコンマ数デジベルのイコライジングをモニタリングしてください。


9012M-Fostex.jpg

■AMATERAS 9012M

 【スピーカーのみ:ペア】

価格 59,000円(税抜)
63,720円(税込) ※送料無料
→クレジットカード(一括、分割、リボ払い)、銀行振込、代引き。
カゴヘ

■AMATERAS 9012M - SET

【ケーブル&インシュレーター、スピーカー(ペア)】
推奨スピーカーケーブル&インシュレーターのセット。

価格 65,000円(税抜)
70,200円(税込) ※送料無料
→クレジットカード(一括、分割、リボ払い)、銀行振込、代引き。
カゴヘ

■AMATERAS 9012M - Powered Full SET

パワーアンプ、ケーブル&インシュレーター、スピーカー(ペア)】
パワードセット。FostexAP15d付属。抜群のサウンドバランス。
価格 73,200円(税抜)
79,056円(税込) ※送料無料
→クレジットカード(一括、分割、リボ払い)、銀行振込、代引き。
カゴヘ


※AMATERAS9012は、パッシブスピーカーですのでパワーアンプが必要です。
パワーアンプをお持ちでない方は、推奨パワーアンプセットのPowered Full SETをどうぞ。

アンプは、一般の多くのオーディオ用&AV用アンプでご使用になれます。
(LUX、マランツ、ONKYO、DENON、etc.)、スタジオ用アンプ(CROWN D-45)など。

■推奨パワーアンプ。
FostexAP15d
小型で低価格ですが非常にクリアで色付けの無い音。
癖のあるアナログアンプよりも安定のサウンドバランスです。
オススメです。

marantz プリメインアンプ PM-5005/FN
マランツの非常にコスパに優れたアナログアンプ。
滑らかな音で作業にもリスニングにも疲れません。


■メールでのご注文も可能です。
カフェオレーベルショッピング :shopping@cafeo.com
商品名、数量、ご住所(送付先)、お名前、お電話番号をお伝え下さい。


AMATERAS 9012M  形式: 1ウェイフルレンジ・半密閉バスレフ・パッシブ型/使用ユニット:100mmフルレンジユニット/インピーダンス:8Ω/出力音圧レベル:86dB/周波数特性:50hz~25khz/内容積:6L/入力:平均40W、瞬間80W/サイズ・重量(1台): 高さ:326mm 幅:172mm 奥行き:258mm 3.2kg

■ユーザーさまの声(抜粋)。

やらせじゃないですよ・・。




・・・音出ししまして、ワイドレンジかつ解像度が高く非常に驚いています。特にコシのある低音はこのサイズのモニタでは聞いたことがありません。早速、メインモニターとして活用させて頂きたいと思います。

・・・さっそくミックスを行ってみてその音に圧倒されました!ヘッドホンのみでは気づかなかった低域の不足や、楽器ごとの音域のかぶりもFR9001のおかげで改善する事ができました。さらにさらにi-tunesの曲を聴く事が100倍楽しくなりました、アーティストがこだわり抜いて作り上げた音、またその曲にかける思いや情熱までもが再現されるている気がして鳥肌がとまりません。


・・・先日試聴しに行って購入しました**です。最初のインパクト通り、いい感じです。大分耳が慣れてきたので、実際にマスタリングやってみてるとこです。こいつで合わせて、テレビとかで鳴らしてみても、そんなに違和感が無い感じです。車とかテレビで鳴らしたら、バランスが違って聞こえる、みたいな事が今まで結構あったんやけど、こいつでやるとあんまし無い感じです。スンバラスィ。これで基準として信頼できる状態になったので(まぁ部屋の問題はなんともならんけどねぇ~)、後はわしの腕次第になってきました(^_^;)精進します。せっかく宅録の大先輩と知り合えたんやから、いろいろ教わりたいと思てます。ひとつよろしゅうたのんます。遊びに来てくれる日を楽しみにしてます。


・・・スピーカー、アンプ、ケーブル、電源。FR9001に変えての変化ほど、大きな変化を感じたことはありませんでした。僕としては、スピーカーが一番最後の購入になってしまったのですが、最初からFR9001に変えていたらよかったと思いました・・・。レコーディングは音の出口と入口が重要と聞きますが、まさに理想の出口を手に入れたと思います!

・・・土曜日に下記のスピーカーが届きました!思いのほか軽く、正直どうなのかなと思いましたが、一聴して驚きました。こう言うスピーカーを求めていました!誇張のないフラットな出音と定位のシャープさ、そしてフルレンジとは思えないハイの伸び。あと、波音のCDをかけて、そのリアリティーに驚きました。笑 最初は少しハイがきついかなとも思いましたが、恐らく元の音源がそう言う音なんでしょうね。
デジタルアンプとの組み合わせでは、アルバムごとに全く音が違って聞こえます。ということは、音盤そのままの音がでてるのでは、と思われるからです。今までのスピーカーではそう言ったことは感じたことはなかったのですが、裏を返せば、全てスピーカー、アンプのキャラクターで再生されていたという事でしょうか。兎に角使い込んで、良い音楽を作りたいと思います。ありがとうございます!




・・・貴社ホームページには「10万円以下では云々・・・」という表現がなされていらっしゃいますが、あの表現は控えめすぎますね。ホントにすごいSPです。(良くわかんないんですけど他のSPとは本質的な”何か”が全く違うような気がします) ゴンザロ・ルバルカバでは彼のプレイの凄まじさが私のような素人にも良く伝わってきましたし、次のレアリティーズでは、山下達郎が本当に目の前に現れました。 最後に聴いたエバンスのライブはもうただただ圧巻! なんかもう胸が熱くなりましたね。 製作にあたって、どんなご苦労があったかは私などでは想像も出来ませんが、プロのエンジニアの方の 「音」に賭ける執念って想像を絶する凄まじさなのですね。


・・・なんといっても低音!これほんとにフルレンジですか!?ってくらい低音出ますね。オーラトーンとか10Mに近い感じかとも思っていたのですが、昨今のスタジオモニターと同等の周波数バランス。だけど低音の質感がすごくクリア。ボンつかない。ベースの最低弦の音程があたりまえに聴こえる感動。


・・・本日スピーカーが届きました。今、エージング中です。 なんだかすごいですね。 思ったとおり、近距離でモニタリングできるスピーカーで、大いに活躍してくれそうです。本当にありがとうございました!


・・・CDを聞くにしても臨場感がありまくりで、 特にライブ盤やライブDVDなんかは自分がその会場に いるかのような気持ちになれて聞いててすごく楽しいです。いいもの買ったなと一人でニンマリしております。 レコーディングやその他諸々でまたお世話になることもあるかと思いますので、その時は宜しくお願いします!!


・・・翌日の月曜に届き、早速設置。 今までとはまったく世界が変わりました。 CDのMixを軽くやり直してみたのですが、 いままでコンプやEQ、はてはリバーブまでどれだけ無駄に掛けていたかがよくわかりました。。。
これからは素材を十分に生かしたMixができそうです。 次のレコーディングが楽しみでしょうがなくなりました。




・・・自分と同じものを求めてる耳がここにもあったんだ、という気がしました。衝撃でした。


・・・最初に思ったのは粘り強い低音です。もっとあっさりした感じのスピーカーかと思っていたら大間違いでした。 そしてこの解像度の高さ。音の一つ一つの輪郭がハッキリと聴き取れます。 今まで使っていたスピーカーではぼやけてて聴き取りにくかった部分も至極簡単にわかります。 まさに「プレイヤーがそこにいる感じ」 この値段でこのクォリティのものはまずないですね。 当分、ヨダレがとまりそうにありません(笑)


・・・自分の好きなCDが気持ちよく聴けるということが、モニターにとっても重要であると感じました。好きなCDの気持ちのよいバランスを日々のリスニングで身体に記憶しておいて、自分のミックスに生かしていく。低音の量感、定位感のモニターが最高で、無駄にもこもこした低音でなく、かっちり音程感を持って鳴ってくれてます。高域の透明感、空気感の再現も素晴らしいです。


・・・今までけっこういろんなSPを聴きかじってきたつもりではあったんですけれど・・・ いままでのはいったい何だったんだろう?? 正直そんな感想です。いずれにせよ、ハイエンドも含めて民生用SPでは全く太刀打ちできない気がしました。


・・・解像度は併用してますYAMAHA10M以上ですね。恐ろしくソリッドで明瞭です。マイク録音時の部屋鳴りが思った以上に録音されているのが聴こえて、それがいちばんのショックでした(笑)。自宅スタジオには吸音材は必要ですね。そういうことまで見せてくれる最高のモニターだと思います。


・・・B●Wと併用して使っておりますが、この解像度は圧勝です。これだけの解像度は未体験です。JAZZを聴くとそのすごさを感じれます。目の前にNYのスタジオの空間が見えると言っても過言ではない表現力です。ヘッドフォンモニターの解像度のままニアフィールドモニターで聴いている感覚というか。


・・・・到着以来、ほぼ、毎日、使っておりますが、楽器の音色、位置、余韻がすごく良く見えますね。今までのスピーカーにはなかったことなので、使うたびに感動しています。





アマテラス.jpg
セミオーダーメイド

DSC01804.JPG

世界で一台の逸品を。

もっと詳しくLinkIcon

アマテラス.jpg
1013
3rd.Stageマイクプリ&コンプレッサー

DSC00407.JPG

カフェオスタジオ常設のマストアイテム

 定価 ¥320,000(税込)
もっと詳しくLinkIcon

アマテラス.jpg
1011
1ch.マイクプリ&コンプレッサー

1011-04.jpg

粗悪な部品は一切使わない。

 定価¥108,000(税込)
もっと詳しくLinkIcon

アマテラス.jpg
3011
トランス内蔵1ch.オプティカルコンプレッサー

AMATERAS3011-ok.jpg

AMATERASクオリティーのハイエンドコンプレッサーをコンパクトに凝縮。 

定価¥65,800(税込)
もっと詳しくLinkIcon

アマテラス.jpg
0001,0002,0082
ハイエンド・ライントランス

NewNEVE-01.jpg

レコーディングの隠し技。元祖ニーブくん。

 定価¥22,000(税込)~
もっと詳しくLinkIcon

アマテラス.jpg
9012M
スタジオモニタースピーカー

DSC00746.JPG

ミキシング&マスタリングエンジニアの為のモニタースピーカー。

 定価¥59,000(税抜)
もっと詳しくLinkIcon

アマテラス.jpg
5301
ギターアンプ用サイレント・キャビネット

5301-2-6.jpg

ライン録りでは辿り着けない、ホンモノのギターアンプの音。

 定価¥98,600(税抜)
もっと詳しくLinkIcon